2007年03月29日

孤高不壊

貴方の望むままに。


引用。
"孤立した城と西に沈む夕日の光。昔の勢いを失い、助けるものもなく、ひたすら没落に向かう状態。"
"心細い様子の例え"とも。
此処まで。

孤立無援となり、孤影悄然とし、孤城落日。
そういった情景と心情を重ねた言葉、なんだと思います。
此処で用いた孤城落日は、その様子、その瞬間、
堕ちて行く経過であって落ちはせず、心細い、というだけで其処からは何も進展しない。
そういった繋ぎ止められた瞬間という意味です。
惰性と妥協で今日という日を繋ぎ止めて、其処に在り続けたいと願って。

生きる事はそんなに甘くないんですけどね。
甘いのは死だけで充分、という事です。


さて1,5倍期間が始まり、お陰か蜃気楼も以前ほどの賑わいでは無いよう。
重いのには変わりないのですが。
今回は出現箇所も分けられたらしく、負担軽減なのか、とは思ったのですが。
前回の重さと比べて如何だろう、うん、憶えていない。

未だに不参加ですが機会が有れば登ってみようと思います。
pt編成、人数減少後のpt再編、役割の意識、参加者の意思疎通。
面白いイベントではあると思います。皆様もお時間ありましたら是非に。


次いで騎士子、睡眠時間を削り、食事を削り、それなりの成果は上げただろうか。
繰り返しになるけれど、やはり私はソロよりはptの方が狩りが続く人です。
今回、支援の手まで裂いて頂き、ご一緒して頂いた某氏に感謝を。
そしてLv上がるの早いですよ、騎士子が追いつかれるじゃないですか><
願わくば、一緒に転生まで行きたい所です。


支援としては、jupeにグリムを少々。
未だにかなり甘い部分があるので改善点を少し。
・数の見極め
敵の溜まる場所を把握し踏み込みを浅く。
vit32では極めて脆い。
・装備の持ち替えの完成。
AG-風-呪い、特に敵を纏める際の呪いは不適格。
AG未発動状態が長い、機会を見て張りなおす等努力を。
フェン-ヨーヨーの持ち替えも視野に。
・キリエエレイソン導入。
纏める際にAGを発動すると足が止まる。
・アンティペインメント
使用タイミングに慣れる事、モーションをキャンセルすること。
・ステータス
vitの強化。
・装備
ヴァルキリーマント>精錬値
・assassinとの距離。
近い気がする。
画面ギリギリの追走、若しくは常時クローク等、場合によって。
pri停止後、未索敵域からのmob回収、ハイドorクロークでpriに譲渡。

この辺りだろうか。
自身の許容量を把握し、すべき事をこなせばvit32でも狩りは可能。
しかし、不意の事態に弱いのは事実。
踏み込みは慎重に。




:好きだから。
posted by 天城 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。