2009年12月02日

紅蓮之華

生きているということは一つの病気である。誰もがその病気によって死ぬ。


 どうも御無沙汰しております。
世間では師走であったり7thアニバーサリィだったりですね。皆様如何お過ごしでしょうか。
仕事の都合でゆっくり時間を取って繋げるのは年末〜年始にかけての休暇になりそうです。

 更新も今暫く、というかそれ程新鮮な話題があるでもなく、書き始めてみても、内容に迷って頓挫することも間々あり、要するにネタが尽きている訳です。新キャラを造るにしても各キャラの狩りの様相だとか、型だとかはwikiを見れば概ねは把握できるわけで、ここで語るべくも無いかな、なんて思ったりもするのです。
 自分の意見を、私見を吐いてみるのも良いのでしょうけど、往々にして僕のキャラクタはスタンダードであったり、それ程一般に外れるものでもないですし。
 立ち回り、臨時風景、装備考察云々はそも繋ぐ時間が無い、つまりはそれに参加する時間、回数自体が非常に少なく何かをのたまえる程僕は現状を把握していないのでした。
 
 ここ最近でトール臨時が増えて、それについてはうれしい限りで見かけた際に時間が許せばHiWizでお邪魔しています。
 そのうちの1件で前衛さんのトール経験が浅いという条件下でもって露見した僕の下手糞をいくつか、忘れないように並べておこうかな。

・許容量overへの対処の甘さ
QM・IWが有るにも関わらず未使用でMobの数の調整を怠りptを壊滅に追いやったHiWizは私であった。
・斜めIWを用いた無双崩しについて
使わなければ、上達する訳はないのに使わない。甚だ愚かである。臨時という場で失敗や円滑さを欠く故に省く、といった理由はあれど、使って行けないのは僕の勇気の無さか。せっかく前衛さんも四苦八苦しておられたのだから、一緒に転がるならもっと向上せんとする方法を選ぶべきだったか。
・判断の遅さ
IWでせっかく剣を嵌めたのに、前衛が抱えるカーサにSGしている内に剣が解凍されSpBで1確されるHiWizとか、笑えない。
・判断基準の温さ
弓、前衛の抱えるmob、IWで嵌めたmob、Priの抱えたmob、剣に混じったサラ、カーサ。どの順番で排除していくべきなのかが、わかっていない。

これくらいだったかなぁ。
なんかもっとやらかした気がするけど。

文と僕の惨めさを曝しただけではあれなので停滞の間のssとかを羅列しておきます。
master,aura.jpg
HP所属Gマスターの転生3キャラ同時オーラ式。

toiro,kyu-shi.jpg
休止らし。

tako.jpg
たこに食われているみたい、とかなんとか。

ET2pc.jpg
ET2PC、灰獲得ならず。

baru-n.jpg
アニバイベント、クリスタル産青箱より。




posted by 天城 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | RO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。